あまり数多く経験することがないのはお葬式となります。

お葬式、お通夜の際の香典のマナー
お葬式、お通夜の際の香典のマナー

お葬式での数珠とお焼香について

あまり数多く経験することがないのはお葬式となります。その為、突然の訃報の知らせは悲しみと同時に、服装やマナーなどどうしたら良いのか戸惑ってしまう人も多くいます。そんなお葬式の参列する際のイメージとして、お数珠を持っていたりお焼香があります。そのマナーですが、お数珠に関しては必ず持参しなくてはいけないというマナーはありません。基本持っている方が良いものではありますが、もっていないからといってわざわざ購入せずとも支障はないです。また仏教では宗派などが人によって異なるため、別の宗派のお数珠を持って行っていいか迷う人もいます。

あくまでもお数珠は仏具に変わりはありませんので宗派の違いは気にしなくても良いです。ただし扱い方ですが、仏具ということでどんな場面でも畳の上や椅子の上などにおくような事はさける事が大切です。少し席を離れる時はお手洗いなどの時は、椅子などに置きっぱなしにするのではなく鞄にしまうのが基本です。お焼香の場合も宗派ごとに回数など作法が異なります。お葬式の時には基本的にお焼香のやり方などは係の人から案内がある場合が多いです。ですが、あくまでもお焼香は亡くなられた人へのお悔やみの心を伝えることが大切ですので、回数などにこだわらずに行うと良いです。

関連サイト