突然の訃報には、誰もが悲しみ辛い思いをする物です。

お葬式、お通夜の際の香典のマナー
お葬式、お通夜の際の香典のマナー

お葬式に参列できない時の手紙について

突然の訃報には、誰もが悲しみ辛い思いをする物です。生前お世話になったひとや親しかった間柄であれば、直接通夜や告別式などお葬式に参列して最後の別れを行います。ですがどうしても仕事の都合がつかないや、住んでいる場所がとても遠いといった理由、自分自身の体調が悪いなどの様々なことから弔問できない場合もでてきます。その場合は、香典とともにお悔やみの手紙を送ることになります。ではお悔やみの手紙を送る際ですが、やはりマナーがしっかりありますので失礼のないように書くことが大切です。お悔やみの手紙ですが、基本は白い無地の便箋を使用します。

カラフルなものやイラストがあるものなどは避けるようにします。黒いボールペンや筆などで書くのですが、手紙のマナーとしてある季節の挨拶や頭語や結語は不要になるので注意すると良いです。手紙といってもお悔やみの場合は嬉しい知らせら普段の挨拶とは違う意図した手紙となるので注意します。お悔やみの手紙の内容ですが、訃報に対する驚きや悲しみ、家族へのお悔やみの言葉、通夜や告別式に参列できない理由と詫びを含め、香典を送付した件の最後に冥福を祈る言葉でつづる形となります。格式など気にせず要点だけを抑えて、自分が思うままのお悔やみの言葉の手紙にするのがよいです。

関連サイト