ある経済ジャーナリストが数年前に亡くなった時にいろいろなことが言われました。

お葬式、お通夜の際の香典のマナー
お葬式、お通夜の際の香典のマナー

生前に行われる葬式での対応方法

ある経済ジャーナリストが数年前に亡くなった時にいろいろなことが言われました。難病で治療方法がなくそれも死期が迫っている状況でその人がとったのは自分の葬式を自分で準備することでした。通常は死後に遺族が行うことになりますが、誰に伝えればいいかなどわからないことがあります。そういった負担を軽減するまですべて準備し、その後亡くなられました。

自分で準備して実際にその通りに行われるのは少し新しい形かもしれません。それ以外に自分で行うことができる方法としてあるのが生前葬と呼ばれる方法です。まさに生きている間に行う葬儀になります。喪主は自分で、お世話になった人などを呼んでお礼などを告げる場として設けています。比較的有名な人も行っていることがあり、招かれることがあるかもしれません。

生前葬は必ずしも病気などで死期が迫っている人が行うものではなく、元気な人が行うことが多いです。そのため一般的な悲しい式とは異なって明るい式になることもあります。服装は喪服が基本ですが、それほどきちんとしたものでなくても派手なものでなければよいとされることがあります。事前に服装は自由とあれば気にすることはありません。お香典ではなく会費との形で徴収されることはあります。