以前は、遺族や親族の喪家側は、弔辞で正式礼装をするのが一般てきでした。

お葬式、お通夜の際の香典のマナー
お葬式、お通夜の際の香典のマナー

葬式での服装について

以前は、遺族や親族の喪家側は、弔辞で正式礼装をするのが一般てきでした。それは具体的に言うと、男性では略礼装のブラックスーツを着て通夜、葬儀、告別式に臨むことがほとんどです。そして女性の場合は、通夜に洋装の正式礼服を着用し、葬儀と告別式で和装の正式礼服を着用することが一般的です。しかし最近では通夜、葬儀、告別式において洋装にすることも多くなってきています。

ちなみに洋装と和装では格に上下があるわけではありません。より具体的に服装についてお話ししていきます。男性であればブラックスーツといいましたが、胸元はシンプルにして、シャツは白地で無地のものが良いです。そしてネクタイは黒地で無地のものが良いです。また靴下も黒地で無地のものを選び、靴は光沢のない黒のものを着用します。

女性の場合は、まず髪をしっかりとまとめて、お化粧はシンプルにします。そしてここでは洋装の時のお話をします。上着は長袖で、スカートの丈は長めにします。座った時に膝かが隠れるものがちょうど良いです。ストッキングは黒で、ラメ入りのタイツなどは控えるべきです。バッグは光沢のない黒のものを選び、金属がないものを持つと良いです。このように葬式の服装マナーを覚えておくと良いです。

関連サイト