お通夜や、お葬式の際に必要な香典ですが、これは線香などの代わりに、霊前にお供えをする意味があります。

お葬式、お通夜の際の香典のマナー
お葬式、お通夜の際の香典のマナー

お葬式、お通夜の際の香典のマナー

お通夜や、お葬式の際に必要な香典ですが、これは線香などの代わりに、霊前にお供えをする意味があります。香典を入れる袋は香典袋、不祝儀袋と呼ばれています。この香典袋、不祝儀袋にはいくつかマナーがあるので、参列をする際は、気を付けて準備をしなくてはなりません。

袋の表書きは、「御霊前」と書くのが一般的です。「御霊前」という表書きは、どんな宗教にも使うことができます。香典袋、不祝儀袋は、市販のものは無地の物が多いですが、蓮の絵の描かれたものは仏式、十字架やユリの花が描かれたものはキリスト教式のものであるので、注意が必要です。袋の上段に表書き、下段にはフルネームを書きます。もし、会社を代表して行く場合は、自身の名前ではなく、会社名プラス代表者名、部署を代表、もしくは部署の皆で行く場合は、会社名プラス部署名一同、という形で書きます。3名以内の場合は、右側から目上の人の名前をフルネームで書きます。いずれも、薄墨の筆ペンを使用して書くことがマナーです。

金銭は、中包みもしくは中袋に入れます。その際は、住所、金額を中包み、中袋に書きます。金額は漢数字で書くようにしましょう。香典は、お通夜、お葬式の受付の際に渡します。もし、訃報を受けたのに参列することができない場合は、現金書留などで郵送するようにします。その際は、お悔やみの手紙を添えたり、弔電を送るようにしましょう。

関連サイト